慈照寺のモッコク(あきる野市草花)

羽村の堰を西に渡り、あきる野市に入る。西から下る平井川と多摩川に挟まれた小丘陵があり、そのふもと辺りに慈照寺というお寺がある。周囲は新興の住宅街となっているが、それでもやはり緑の多い閑静なところである。

 

f:id:x-1:20170502105830j:plain

境内の西よりに都指定天然記念物のモッコクの大樹がある。

モッコクは古くはツバキ科とされていたが、現在はモッコク科として独立分類されている常緑高木で、熱帯から温帯まで暖地に広く分布する。

それにしてもこれほど見事なモッコクの大木は見たことがない。思わず感嘆の声を上げてしまうほどだった。モッコクと言えば庭木のイメージだが、大事にすればこれだけの大樹になるのである。現地の案内板によれば樹高21.5m、幹周2.4m、何度か保存事業を行っているとのことだった。