熊川神社本殿(福生市熊川町)

f:id:x-1:20170502153131j:plain

JR五日市線熊川駅から奥多摩街道を南へ少し行ったところに熊川神社がある。ここの本殿は1597年(慶長2)の再建で、都指定の文化財である。

 

f:id:x-1:20170502153347j:plain

覆屋の中に本殿が鎮座している。一間社流造だが見世棚になっており、ユニークな形式。しかも桃山期のものとしては状態が良く、彫刻や彩色もその特色を良く留めていて、素晴らしい建築である。また棟札も現存しており、再建、修理の年代、建築した大工の名前が分かることも貴重だ。

f:id:x-1:20170502153332j:plain

玉垣の中、覆屋の前に猫が居た。かなり存在感のある猫。