大日堂境域及び日吉神社境域(昭島市拝島町)

拝島公園に隣接する拝島大日堂と日吉神社の境内は、都指定の史跡となっている。

 

f:id:x-1:20170502145532j:plain

市指定文化財の大日堂仁王門。扁額には「密嚴浄土寺」と書かれている。『新編武蔵風土記稿』には、室町末に朱印を賜っていた観音院浄土寺が既に廃寺となっていることが記されており、この大日堂の元々の別当寺であった浄土寺は、江戸初期から中期頃に廃寺となり、門と扁額だけが残ったものと思われる。

f:id:x-1:20170502145838j:plain

鳥居をくぐり階段を登ると、大日堂と日吉神社が並んで建っている。神仏習合修験道場の名残をよく留めている。

f:id:x-1:20170502145936j:plain

大日堂。

f:id:x-1:20170502150237j:plain

日吉神社本殿の彫刻。1855年(安政2)の再建で市指定文化財