読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年・夏の旅(2日目)岡山~福山

城跡 神社 散歩

25日の朝は、夜明けから蒸し暑かった。

姫路8時01分発の山陽本線下りに乗る。この姫路-岡山間は、電車が1時間に1本ずつしか走っていない、東海道山陽本線の最大の難所のひとつだけに、出発前にかなり混雑していた。別料金を払って相生~岡山間を新幹線に乗るという選択肢もあるのだが、今回の旅は先が長い。節約することにする。

9時29分、岡山着。駅前から路面電車に乗って城下停留所で下車。運賃たったの100円である。感動的に安い。公共交通はこうでなくちゃいけない。

 

岡山城西丸西手櫓

晴れて猛烈に暑くなってきたが、さっそく国指定重文の岡山城西丸西手櫓を見に行く。

f:id:x-1:20160825100925j:plain

西手櫓は廃校となった小学校の敷地内にある。小学校は現在、福祉施設になっているらしい。もしここが学校のままだったら、夏休み中だったとしても簡単に入って見学することは出来なかっただろうが、なんとも複雑な気分だ。

f:id:x-1:20160825101225j:plain

1603年(慶長8)建築の西手櫓は、現地の説明板によれば、池田光政の隠居所であった西丸の貯蔵庫として使用された建物だったらしい。西丸にはもともとは三階櫓、二階櫓があったそうなので、それは壮麗な場所だっただろうが、さすがにこの西手櫓は倉庫なので実用重視の趣である。

この櫓は城壁、つまり写真の反対側が見ものである。

f:id:x-1:20160825101855j:plain

城壁の下側は駐車場になっているので、巨石(車の大きさと比較してみてほしい)を利用した石垣を含めた全体を見ることが出来る。一層の唐破風がなんともオシャレではないか。石落としと格子窓も設けられていて、当然ながら実戦も想定されているデザインである。

この素朴な櫓からでも、かつて烏城と呼ばれ1945年まで残っていた岡山城天守の面影がしのばれる。

ちなみにこの駐車場の隣には、登録有形文化財の禁酒會館がある。

f:id:x-1:20160825102155j:plain

大正モダンの香りがする。

岡山城月見櫓

石山公園を抜け、旭川沿いの気持ちのいい道を天守方面に向かって歩く。川の向こう岸にある後楽園は、さすがに観光客でにぎわっている様だが、それとは反対側に位置する国指定重文・岡山城月見櫓を見に行く。

f:id:x-1:20160825103758j:plain

現地の説明板によれば、1615~1643年、すなわち元和から寛永年間の建築だそうである。本丸表書院の隅櫓で、月見という名のとおりやはり望楼として、また貯蔵庫として使用されたそうだ。

f:id:x-1:20160825103530j:plain

算木積みの石垣。

f:id:x-1:20160825103508j:plain

向きによって千鳥破風だったり唐破風だったりと変わったデザインだが、たぶん本丸の他の建物との調和も考えられていたんじゃないかと思う。

今日は福山まで行く予定なので、岡山駅に戻る。

f:id:x-1:20160825111338j:plain

そういえば和歌山電鉄は岡電のグループ企業だったなあ。岡電は低床の新型車両を走らせてたり、なかなかすごいと思った。

11時56分発の吉備線に乗り、12時07分、備前一宮駅で下車。雲が切れ、気温が急上昇する。

吉備津彦神社

f:id:x-1:20160825121112j:plain

備前国一之宮・吉備津彦神社は、駅のすぐ南側にある。この付近は古代吉備国の中心地だった土地である。

f:id:x-1:20160825121547j:plain

1697年(元禄10)建築、県指定文化財の本殿。葺きかえられたばかりの桧皮が美しい。大きな流造りだ。三間社かな。神社の説明書きによると、吉備国の社殿は流造りなんだそうだ。面白い。

 

吉備津彦神社から、吉備の中山のふもとを反時計回りに歩く。この日は田んぼの稲の花盛りだった。

f:id:x-1:20160825123208j:plain

歩道が整備されていて歩きやすい。

f:id:x-1:20160825124437j:plain

途中で福田海本部の鼻ぐり塚(牛や豚の供養塚)という面白そうなスポットがあったのだが、あまりにも暑くて、寄り道していると死んでしまいそうだったのでスルーした。

吉備津神社

30分弱ほど歩き、備中国一宮・吉備津神社に到着。自販機で500Lのスポーツドリンクを購入し、一気飲み。

f:id:x-1:20160825130131j:plain

それにしても一宮同士が近い。大和朝廷があえて吉備の中山を分割するように備前と備中を分国したらしいが、古代にはそれほど勢威を揮っていた国だったのだろう。

f:id:x-1:20160825131155j:plain

あまりにも有名な国宝の本殿と拝殿。

f:id:x-1:20160825131813j:plain

鳥が羽を広げたような美しいフォルムの比翼入母屋造。室町時代に天才的な建築家がいたんだなあ。

f:id:x-1:20160825132002j:plain

f:id:x-1:20160825132043j:plain

亀腹の土壇の上に廻り縁をめぐらせ、周囲はこれでもかというくらい格子窓を置く。挿し肘木、皿斗で屋根を支えるのは大仏様と同じ。神社建築では唯一の例だそうだ。確かに見たことがない。

f:id:x-1:20160825132212j:plain

国重文の南随神門をくぐると続くのが、県指定文化財の回廊。これも面白い。

f:id:x-1:20160825132634j:plain

天正年間の創建だそうだ。宇喜多氏の時代かな。なんとなく厳島神社の影響を感じる。

f:id:x-1:20160825133056j:plain

釜の鳴動音の大小長短によって吉凶を占うという「鳴釜神事」が行われる御釜殿。国重文。これも全体は和様なんだけど、格子窓をめぐらせてるのが非常に面白い。

f:id:x-1:20160825133931j:plain

岡山藩は早くから儒教が、次いで国学が盛んだったから、神社が今も元気だね。今回は閑谷学校と後楽園を見に行けなかったから、ぜひまた岡山を訪れたいと思う。

f:id:x-1:20160825133550j:plain

木堂犬養毅銅像。この辺りの生まれらしい。よくは知らないのだが、私の曽祖父は犬養毅の縁者だったらしい。こんな高いところに担ぎ上げられて、ご本人はさぞ当惑しているだろうと思う。

 

14時03分吉備津駅発、14時29分総社駅着。14時51分総社駅発、15時01分倉敷駅着。倉敷で休憩後、快速サンライナー福山駅着。

福山にて泊。2日目終。